スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議会質問はやぶへび? 知事の一声で路上喫煙禁止に(産経新聞)

【橋下府政ウオッチ】

 そろそろ、年貢の納め時かもしれない。5月31日の「世界禁煙デー」を機に、大阪府庁の庁舎周辺の路上禁煙が決まった。対象者は府庁職員だけだが、担当記者として府庁内の出入りしている者としては、禁止区域での喫煙はためらわれる。これまでは庁舎敷地内のみが禁煙エリア。愛煙家はこれまで敷地外へ足を運んで一服していたが、これからはそうもいかない。

  [表で見る]たばこ税 「健康」を名分に税制改正の目玉に

 府庁、府教委の担当になったのは今年4月。路上喫煙するときは、でるだけ迷惑をかけないよう気をつけているつもりではあったが、通行量の多い歩道で何人もが吸えば、煙がかかっていやがる通行人もいるだろうかと、気にはなっていた。

 府職員たちも同様に、路上で一服していた。肩身は狭そうだったが、府庁には近隣住民から苦情も寄せられていたという。府庁職員の路上喫煙禁止エリアがつくられたのにはこんな背景がある。

 禁止エリアの設定が決まったのは、5月定例議会。橋下徹知事の一声だった。

 ある府議が知事に対し「職員らしき人が路上喫煙をしている。庁内の行きにくい場所に喫煙所を作れば、自然と足が遠のくのでは」という指摘をした。この府議も喫煙者らしい。喫煙者の気持ちを考え、喫煙所の設置を提言してくれたのだと思う。

 質問を聞いていた私も「喫煙所ができるかも」と若干期待したが、橋下徹知事の答弁はシビアに「ホテルマンが自分のホテルの前で吸うなんてあり得ない」と答弁。知事の一声で、路上喫煙の禁止が決まった。

 結果的に、質問はやぶ蛇になってしまったのかもしれない。ただ、喫煙者に対する世間の目は厳しいし、禁煙が世の中の流れだから、もっともだとも思う。たばこを吸い始めて14年目。思い切ってやめるか。(中島高幸)

【関連記事】
橋下知事、全職員に「周辺道路も禁煙」メール 罰則はなし
厚労省が「全面禁煙」通知も…「実効性に疑問」「禁煙は世界の流れ」 
飲食店ら悲鳴「やっていけない!」公共の場は全面禁煙に?
インドネシアの2歳児、1日40本喫煙 海外でも波紋
舘ひろし「卒煙塾」…喫煙40年終止符
「はやぶさ」帰還へ

凶器刺さったまま追いかけ、強盗取り押さえ(読売新聞)
ホンダ 「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)
検察審査会に説明求めた民主・辻議員に質問状(産経新聞)
口蹄疫 鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談(毎日新聞)
<東京湾アクアライン>海ほたるトイレで男性が拳銃自殺(毎日新聞)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。